撤去工事

必要書類の提出

解体工事は自己判断で行うことはできず、撤去前に届け出をしなければならない書類がたくさんあります。主な提出書類は以下の6点となります。

撤去工事の書類

◆ アスベスト除去の書類

◆ 建設リサイクル法の書類

◆ 道路の使用許可書類

◆ 建築物除去届の書類

◆ 建物滅失登記申請の書類

◆ ライフライン停止の申請

それぞれの書類についての詳細は当サイト内「解体申請書類」のページに記載されています。また、当社では全ての書類提出を完全にサポートさせていただきますので、面倒な手続きも安心してご依頼いただけます。

 

近隣の方への挨拶

解体工事をトラブルなく行うために、近隣の皆様へのご挨拶は最も大切な作業と言えるかもしれません。撤去工事の挨拶解体は様々な機械を使用するので、近隣の皆様には100%ご迷惑をおかけしないとは言い切れません。重機による振動や、撤去時の粉塵といったものは、どうしても発生してしまいます。近所の方の工事ということで、ある程度は許容していただけますが、病気の方や、小さなお子さまのいるご家庭など我慢できない方もいらっしゃいます。特別な理由がなくても、突然工事が始まれば不快な思いをする方もいるかもしれません。こういった皆様の気持ちを少しでも緩和することのできる「ご挨拶」はとても大切な作業なのです。トラブルにならないため、もしトラブルになっても、その怒りが施主様ではなく我々業者に向いていただけるよう、業者と一緒に挨拶回りに行くことが大切です。ご挨拶は並びで5軒程度まわっていただけるといいかと思います。ほとんどの場合、解体工事後も近所の方とはお付き合いが続くことになりますので、関係性を良好に保つ配慮は出来る限り行う必要があります。

撤去依頼

解体工事の日程がある程度決まった時点で、電気、ガス、排水、電話、インターネット、ケーブルテレビといったライフラインの撤去依頼をしなければなりません。

撤去配線、配管を残したままの状態では撤去工事ができないからです。特にプロパンガスは撤去に時間がかかる場合がございますので注意が必要です。電話線なども依頼から撤去まで10日程かかる場合があります。業者側には「解体工事なので切り離しをお願いします」で伝わるはずです。また、水道は散水などで使用するため撤去はしないでください。我々解体業者と打ち合わせをしたうえで、いつまでに撤去するかを決定し、水道局に連絡していただくことになります。撤去に関してはご本人が対応しなければならない契約がほとんどとなります。余裕を持って解体工事のご依頼をいただければ、当社からライフライン関係の撤去手順を説明させていただきますのでご安心ください。

解体工事のご相談

https://www.njh-kaitai.com
NJH解体事業部

 

Copyright(c) 2021 日本住宅ホーム株式会社 解体事業部 rights reserved. camomillecamonavi